読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kommonうでわ

ひと粒ひと粒が愛おしい、ビーズの世界。

ほほえみの国で

f:id:kommon:20170328200417j:plain

 

初めて訪れたタイは、1月にも関わらず連日30度近い気温と、まるでサウナの中にいるような高湿度で真夏のようでした。

 

高層ビルのホテルの部屋からは、湿度のせいか、スモッグのせいか、街はグレーに覆われていて、ここは本当に常夏の国なのかと惑う景色。

 

とまれ、バンコクをあてもなく歩いているうちに気付いたのは、主張しすぎるくらいのカラフルな装飾。

 

でも、タイの人びとが陽気さを主張しすぎるかというとそうでもなくて。

 

歩き疲れて手にしたタイ・スイーツは甘すぎずからだに染み込んでいくような。

 

ほほえみの国は、あくまで控え目な微笑みで、まるく包んでくれるような温かさがありました。