読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kommonうでわ

ひと粒ひと粒が愛おしい、ビーズの世界。

リズムボックスに付いていけなくて

リズムボックスが仕事場にあった。

 

むかし、そういう仕事をしていた。

 

いま思い返すと、あれはローランドのリズムボックスだったかと思う。

 

waltzとかrockとかbossa novaとか。

 

sambaとかcha-chaとかboogie-woogieとかmamboとかrumbaとか。

 

そういうボタンがあって、スタートとストップスイッチだけが付いているシンプルなもの。

 

歌に自信があるお客さんはリズムボックスを使いたがるのだけど、たいていテンポが合わずに付いていけなくて。

 

鍵盤からアクロバティックに手を離し、

 

謎の5拍子とか7拍子を挟み込む。

 

それがわたしの仕事だった。

 

ドンチキツッタカ。