読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kommonうでわ

ひと粒ひと粒が愛おしい、ビーズの世界。

「インターネットの接続がありません」

初めてインターネットに触れたのは、Windows95が発売されたころだった。

 

そのころのインターネットはまだまだ特別なもので、職場でパソコンが普及し始めたものの、インターネット回線につながるのはカイシャでは総務部だけだった。

 

“ホームページ”なるものをほかに紹介したくても、総務部に行かないと見れないので、信じられないことにそこで画面を写真に撮ったりしていた。

 

しかもフィルムで!

 

やがて、自宅でも電話回線を利用してインターネットをつなげられるようになったんだけど、ものすごくお金がかかるので、“テレホーダイ”が出来てからというもの、夜の11時から夜更かしするのが定番となっていった。

 

有線だから回線が切れにくいとはいえ、たまに

 

「インターネットの接続がありません」

 

などと表示されることもあった。

 

忌ま忌ましかったのは、しょっちゅう、

 

「 このプログラムは不正な処理を行った ので強制終了されます」

 

と表示され作業を中断せざるを得なかったこと。

自分が悪いことしているわけではないのに。

このメッセージが出ると対応するために一晩、二晩の徹夜は当たり前……それがパソコンやインターネットの黎明期だった。

 

忌ま忌ましいあの怪獣は、クリックするとゲームが出来るそうだ。

それがわかれば、あの怪獣がだんだん可愛く思えてくるのだけれど、

はたして、黎明期に感じた黒い感情も帳消しされていくのだろうか。